二つの指輪

NYスタイル

ダイヤの指輪

モードの都市

1914年。それは世界史的には第一次世界大戦が起きた年として記憶されていますが、ダイヤの指輪を愛する人たちにとっては、もうひとつの出来事が起きた年としても記憶されることになりました。
その年、ラザールダイヤモンドが本店をアメリカ合衆国のニューヨークに移したからです。

自由の女神像やエンパイア・ステート・ビル、その他の歴史的な建造物やモニュメントでその名を馳せているニューヨーク。
ただ、現在ではそれだけではなく、最先端の「モードの都市」としても有名です。
ここで言うモードとは、フランス語の「Mode」、英語では「ファッション(Fashion)」を意味する言葉で、要は「ヨーロッパはオシャレな街である」ということを言いたいのです。
そこに居を構えるラザールダイヤモンドも、当然ながら、オシャレな指輪ブランドであるということになります。

モダンなリング

「ソー・クール!」とニューヨーカーたちの静かなる喝采を浴びている指輪ブランドとして、ラザールダイヤモンドはあります。
このブランドが発表するのは、質の高いダイヤを質の高いデザインによって仕上げた、ほとんど完璧な「ダイヤの指輪」です。
シンプルでありながらゴージャスであり、シャープであり、スタイリッシュであるという最も美しい「モダン」というものを、このブランドは体現しているのです。

素晴らしいカッティング技術によって他を圧倒する出来で仕上げられたダイヤモンドを使い、ラザールダイヤモンドは、NYスタイルで私たちを魅了するのです。